米国高配当株VYMについてご紹介します!

こんにちは、まいルームです。

 

今回はわが家で購入している米国高配当株ETFのなかから、VYMについてご紹介します。

 

まず、簡単にETFのことをご説明すると、「Exchange Traded Fund」の略で、日本語では上場投資信託のことを指します。市場で普通に売り買いできる特徴があります。米国高配当株ETFとは、米国の高配当株式に分散投資されたETFです。

 

そのうち、VYMは米国の3大資産運用会社の1つである、バンガード社が運営する米国高配当ETFです。

 

主な特徴は下記の通りです。

 

1設定日:2006年11月10日
リーマンショック前に運用がスタートしている点が特徴です。


2銘柄数:約400社(分散度合い)
50以上の銘柄に分散されていれば、「分散できている」と考えても良いと思いますので、申し分ありません。VYMは金融(約19%)、次いで消費財(約13%)の銘柄が多くなっています。(金融セクターは、政策金利、つまり中央銀行の金融政策に株価が連動しやすい特徴があります。)

 

配当利回り:3.44%程度
日本の普通預金金利が0.001%である点と比較すると、その差は明らかだと思います。四半期ごとに投資家へ分配金(配当金)が出されますが、定期的に不労所得が得られるので、とても有難いです。

 

4経費率:0.06%
経費率とは、ETF保有時のコスト(手数料)のことです。購入時に生じるコスト(購入手数料や為替コスト等)や配当の課税コスト(米国と日本での所得税等)など、他のコストがありますが、ここではひとまず割愛します。
経費率が0.1%以下であれば問題ないと考えますので、低コストで運用が可能です。仮にVYM100万円に対して、年間コストはたったの600円。一日あたり約1.6円で私たちのお金をしっかり運用してくれます。

※投資を始めた際、とある証券会社の営業マンに勧められるがまま購入した別のETFは、経費率がなんと3%もあるぼったくり商品でした。彼らの手数料ビジネスの世界を垣間見た経験でした。(ちなみに、そのETFは損切しています。悔しいですが、勉強代としていい教訓と考えるようにしています。)

 

さて、購入は、楽天証券SBI証券、どちらかのネット証券で購入するのがオススメです。
SBI証券は唯一定期買い付けができますので、毎月コツコツと購入したい方にも向いています。一方、楽天証券SBI証券と比べてサイトが見やすい印象があり、初めて米国株を購入される方は、楽天証券もオススメです。

 

具体的な購入方法については、また改めて記事にまとめたいと思います。
投資は自己の判断でお願いいたします。株価の変動で損をすることもありますが、資産運用は家計を強化する有力な手段の1つですので、少額からでも実践してみてください。

 

ではでは、まいルームがお届けしました。