自分の親とお金に関して話し合うべき5のこと/家族で家計強化!

f:id:myroom1203:20210301203701j:plain

 

「自分の親とお金に関して話し合うべき5つのこと」

というテーマをお届けします。

 

親は、「何がお得なサービスか知らない」

あるいは「関心があるけど手続きが面倒」などなど、

家計見直しの余地がたくさんある場合が多いです。

 

わが家もそうでした。

そこで、わが家が実際に取り組んだことを中心に、

親と一緒に考えていきたい5つの項目をご紹介します。

 

これらを、自分の親と話し合って、家計強化を図りましょう。

 

1.通信費

通信キャリア大手3社(docomo、au、Softbank)の、

高い料金プランを使っている親は、

結構多いと思います。

 

わが家では、自分の両親と夫の両親が、

キャリアからイオンモバイルに切り替えました。

その際は、私たち子どもが付き添い、

設定もお手伝い。

 

見直しの効果は、1世帯あたり月12,000円。

3世帯の年間に換算すると432,000円も、

通信費を節約することに成功しました。

 

最近、各社の値下げプランが話題になっています。

我々子どもは、イオンモバイルから、

楽天モバイルに切り替えました。

 

しかし、両親は、

・楽天モバイルは電波が届きにくい場合がある

・田舎暮らしで山にもよく登る

などの理由で、イオンモバイル(ドコモ回線)

を利用しています。

 

格安SIMについては、

過去のブログで紹介していますので併せてご覧ください。

myroom-blog.com

 

なお、スマホは中古のiPhoneです。

今はiPhone8やXRをゲオで購入し、

設定なども子供が行いました。

最新機種ほどの性能は不要ですし、

とにかく安いのでおすすめですよ。

 

2.保険

生命保険や自動車保険、医療保険など、

保険を見直しましょう。

親世代は、知り合いの営業マンから、

単なる人付き合いで加入しているケースが、

結構多いと思います。

 

そのため、保険料に見合うだけの保障内容がなかったり、

そもそも加入する必要のない保険に入っていたり、

という場合があります。

親世代が敬遠しがちなネット保険も、

子供のサポートがあれば、候補に挙がると思います。

 

保険については、

過去のブログでも紹介していますので、

ご覧ください。

貯蓄型保険について 

myroom-blog.com

 自動車保険について

myroom-blog.com

 

3.投資

親がどのような金融資産を保有しているか、

一度話し合っておきましょう。

大手証券会社の営業マンから購入した、

ぼったくり金融商品を保有し、

高い手数料を払い続けているかもしれません。

 

実際に、わが家も親が大手証券会社で保有していた株を売り、

ネット証券での資産購入に切り替えました。

 

ネット証券は営業もありませんし、

手数料の安い商品が豊富ですので、お勧めです。

 

下記のようなステップを踏めば、

投資を始めることができます。

投資資ステップの概要①楽天証券で口座を開設
②つみたてNISAをしていない場合は、
 ①と一緒に申し込み
 ※他証券会社等で開設している場合、
  保有している商品や、現在の証券会社の、
  商品ラインナップをみて、
  楽天証券への移設を検討。
 ※NISAの代わりに特定口座で購入も可。
③eMAXIS Slim 米国株式や、
 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
 など、コストが安く、市場全体に分散された、
 優良な投資信託を積立購入。
④あとは放置

※特定口座とは

 投資商品を保有する際に用意されている口座のひとつです。

 金融機関が私たちに代わって、

 保有する投資商品の譲渡損益を計算して

 「年間取引報告書」を作成するという特徴があります。

 

親世代は60代以上の場合が多いと思います。

投資は価格変動リスクが高いので、

債券を組み入れることも検討してみてください。

 

投資の記事はこちらにまとめてあります。

 投資関連記事まとめ

myroom-blog.com

 投資スタンスについて

myroom-blog.com

 何を買ったらいいのか 

myroom-blog.com

 おすすめの証券会社

myroom-blog.com

 

4.銀行

親世代はネット銀行に抵抗がある方が、

多いかもしれません。

 

でも、ネット銀行は、

振り込み手数料が無料だったり、

金利が普通の銀行よりも高かったりするので、

利用していないのはもったいないと思います。

 

先日、わが家の親は、

楽天証券と一緒に楽天銀行も開設しました。

楽天銀行は、楽天証券と連携すれば、

普通預金金利が0.1%になるお得な銀行です。

預金残高に応じて、振込手数料が無料(上限あり)

になりますし、ゆうちょ銀行やコンビニのATMで、

入出金が可能です(手数料の無料化は条件あり)

 

楽天銀行については、

過去のブログでもご紹介していますので、

ご覧ください。

楽天銀行について

myroom-blog.com

 

 

5.相続

まだ先の話と思いがちですが、

両親の健康寿命を考えると、

実はそれほど遠い話では無いかもしれません。

 

両親が元気なうちに相続について話し合っておき、

相続税を少しでも抑えられるように、

早めに対策を練っておきましょう。

生前贈与や親の資産について、

話し合っておくといいです。

 

どれか1つからでも見直して、

家族全体で家計強化につながれば、幸いです。

 

最後までご覧いただき、

ありがとうございました。